脳にあるうつ病の原因 鬱病に掛かる原因はいったいどこにあるのでしょうか?うつ病は精神的な疾患なので心理的な要因に関しては色々な理由が述べられていらっしゃるでしょうねが、うつ病の原因は脳の働きにあるかも知れませんね。脳は絶え間なく活動しつづけていて、その間脳の中では感情のもととなる化学物質が作り出され分泌されるのです。また微弱な電気を発しているのです。脳がこのような働きを行うことで人間の運動機能や感覚、喜び悲しみなどの感情や身体の調子を調整したり感じられるになりますね。このように脳内で化学物質の生成などの活動が正常に働かなくなることでうつ病が起こると考えられているになると思います。この為、うつ病になると健康な状態のときと違った精神状態になりくるしい哀しいという感情をコントロールできない状態になるという訳です。しかし脳の働きが乱れてうつ病の症状があらわれるメカニズムについてはハッキリと解明されていないみたいです。うつ病は遺伝的な体質も関係があるでしょうし、悲しいことが起こったりストレスがきっかけとなって鬱病の症状が現れることもあれば、きっかけになる出来事などが何もなくてもうつ病になることもあるものです。しかし、鬱病は脳内の不調が要因でありますので、医学的な治療が可能だということは間違いない真実ですー